2011年08月29日

イタリアンギョウザ

DSC06177.JPG_effected.jpg


一見なんの変哲もないギョウザですが、実はコレ、


フレッシュバジルとモッツァレラチーズを包んだ、イタリアンギョウザ。






ガブッといくと、バジルとにんにくとこしょうの香り、そしてとろーりチーズ。








ワインにピッタリのギョウザになりました。







ちなみに、ワインにぴったりの「イタリアンシューマイ」はここ。












DSC06178.JPG_effected.jpg

ギョウザのタレは3種類作ってみた。



上から順に、


・トマトしょうゆタレ


・普通のギョウザのタレ


・塩オリーブオイルレモンダレ





いろんな味で飽きずに食べられちゃう。





なかでも一番のオススメは、トマトジュース+しょうゆのタレのトマトしょうゆタレ



うまみたっぷりのタレなんです。








DSC06180.JPG_effected.jpg
失敗写真ですんません。

ちなみに、ギョウザのタネのお肉は、鶏胸肉の挽肉で。


とろーりモッツァレラチーズとちょうどいいバランスかなと。








ギョウザって案外イタリアンアレンジしやすいかも。水餃子にミートソースかけるとかイケちゃう?ちと無理か。
↓いつも応援クリックありがとうございます!!











イタリアンギョウザ


材料:ギョウザ24個分

a:ギョウザのタネ
鶏胸肉挽肉 200gくらい
たまねぎ 1/2個みじん切り
バジルの葉 10枚くらい 粗みじん切り
すりおろしにんにく 小さじ1/3くらい
塩 小さじ1/2
酒 少々
こしょう たっぷり
片栗粉 大さじ1



モッツァレラチーズ 1個 24等分に切る
ギョウザの皮 24枚
オリーブオイル 適宜




b:トマトダレ
トマトジュース大さじ1+しょうゆ小さじ1(あればドライバジル少々)



作り方:

1、ボウルにa:の材料をすべて入れ、粘りが出るまでよく混ぜる。



2、ぎょうざの皮のふちに水をぬり、1の適量をスプーンにすくってのせ、モッツァレラチーズを入れて包む。



3、熱してないフライパンにオリーブオイルをひき、ぎょうざを隙間無くならべ、
  ギョウザの高さ半分くらいの高さまで水を入れる。 フタをして水気が無くなるまで熱し蒸し焼きにする。


4、水気がほとんど無くなったら、ぎょうざのまわりにオリーブオイルをまわしかけ、
  皮をパリッとさせる。ギョウザの焼き面をみて、イイ感じになっていたら焼き上がり。

posted by ヤスナリオ at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ぎょうざ・しゅうまい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...