2014年11月26日

鮭のムニエルは日本語に訳すと「鮭の製粉業者のおかみさん風」だって。


鮭のムニエルの

「ムニエル(フランス語: meunière)」は

日本語に訳すと

「製粉業者のおかみさん風」なんだって。


というわけでさっそく作ってみたよ、

PB260004.jpg_effected.png

鮭の製粉業者のおかみさん風(笑)。


レモンバターしょうゆ仕上げにしたので、

白めしオカズにもピッタリ&ウマ死!!


ついでにキャベツも贅沢切りしてそのまんま蒸し焼き。

甘くて香ばしくて付け合せにオススメだー。




鮭のムニエル

材料:1人分
生鮭切り身 1枚
クレイジーソルト 多めの適量(ハーブソルトがなければ塩こしょう適量) 
小麦粉 適量
バター 1かけ
しょうゆ 小さじ1
レモン汁 小さじ1
キャベツ 1/8個
じゃがいも 1個
オリーブオイル 大さじ2
塩 2〜3つまみくらい


作り方:

1,鮭はペーパーに包み水気をとり、クレイジーソルトをしっかりめにふる。
じゃがいもは皮ごとラップに包み5分ほど加熱し、皮を剥き、たべやすく切る。

2,フライパンにオリーブオイル大さじ1を熱し、オイルに塩加え、
キャベツ、じゃがいもを入れ、蓋をして火が通るまで弱火で焼き、
器に盛っておく。

3、バットに小麦粉、1の鮭を入れ、
両面に小麦粉をしっかりまぶす(焼く直前に)。

4,フライパンにオリーブオイル大さじ1を熱し、2の鮭を入れ、
弱めの中火で焼く。身の下半分くらいまで火が通ったら、
裏返してもう片面も焼く。

5,火が通ったら、火を止めてからバター、しょうゆ、
レモン汁を加え、全体に絡める。

6、2の器に鮭を盛りつけ、フライパン残ったソースをかける。

posted by ヤスナリオ at 19:49| お魚・魚介料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...