2011年10月11日

ぶりにんにく

DSC00081.JPG_effected.jpg


ぶりといえば、「照り焼き」ってイメージがあるけど、


「塩焼き」もすごーくうまい!って知りました。







とくにこの「にんにく焼き」は最高。



いちばんカンタンでおいしい、ぶりのレシピだ。


しょうゆをちょろっとかけて食べたいねー。





ちなみに、付け合わせも「にんにくの芽」。

緑色も鮮やかーでいい感じっす。






ぶりレシピ、他には、

ぶりとかぶのソテーの「ぶりかぶ」ってのもありやす。










塩、こしょうしたぶりの切り身をスライスしたにんにくと一緒に香ばしく焼くので、
お魚の臭みが苦手な人も美味しく食べられるに違いない。

↓うまそうかも!って思ったらば是非応援クリック4649!














ぶりのにんにく焼き

材料:2人分

ぶり切り身 2枚
にんにく 1個 スライス
にんにくんの芽 1/2束 5cm幅に切る
塩 適宜(小さじ1/3くらい)
こしょう適宜
サラダ油 適宜
(好みでしょうゆ)


1、ぶりに塩こしょうし、ペーパーで水気を拭き取っておく。 


2、フライパンを熱し油をひき、にんにくを入れ弱火でキツネ色になるまで炒めたら、
  にんにくをとりだして、にんにくの芽を入れしんなりするまで炒める。
  通ったら一旦火をとめてとりだしておく。

3、2のフライパンに火をつけ、ぶりを入れ、焼き目が付くまで片面をじっくり焼いたら、返してもう一面も焼く。


4、全体が香ばしく焼けたら完成。
  お皿にぶりをのせ、にんにくの芽、スライスにんにくを添える。
posted by ヤスナリオ at 19:19| Comment(3) | TrackBack(0) | お魚・魚介料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月01日

とろあじの開き定食

DSC00036.JPG_effected.jpg

こないだ食べた晩ごはん、「とろあじの開き定食」



脂がのっててね、すごーく美味しかった!





このスライサーで細かい千切りにした、だいこんしりしり(沖縄名物なのかな?)に、

鮮度の一滴(←宣伝笑)をかけて、とろあじ、土鍋ごはんといっしょに頬張るのが最高っす。



















で、美味しかったついでに気になったこと。










「とろあじって魚がいるのか?」ってこと。


















うーん、どうやら「とろあじ」なんてのは居なくて、




脂がノリノリの魚につけるあだ名 みたいなもんみたい。




なので、



脂がギッシュなサラリーマンを、トロリーマンって呼んだりしてもいいみたい。とろおじさんでも可。



すんません、食べ物の話中にキタナイ話で不謹慎でした。







↓そんなトロヤスナリオですが、応援クリックどうぞよろしく!
posted by ヤスナリオ at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | お魚・魚介料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

さんまの蒲焼き丼

DSC06298.JPG_effected.jpg



気仙沼から届いたさんまも、そろそろ全部食べ終わりそう。




今年のさんまは身がパンパンででっかくて脂ものっててホント美味かったな。





で、この秋のさんまレシピ、ラストの第4弾は、




腹開きに(三枚おろしでOK)したさんまに塩コショウ、小麦粉をふってフライパンでこんがり焼いて、



しょうゆ、酒、みりんで蒲焼きにしてごはんにのっける、「さんまの蒲焼き丼」





青ネギもどっさり散らして、山椒もふって。






ハッキリ言って、へたな「うなぎの蒲焼き」よりもうましです。









あと関係ないけど、ちょうしたのさんまの蒲焼き缶詰が好き。
あれ一缶でごはんが何倍食べられるかわかんないくらいだ。

↓そんなわたくしに応援クリック1発どうかよろしくお願いします!!








さんまの蒲焼き丼


材料:2人分

さんま 2尾 三枚おろしか腹開き(鮮魚コーナーで捌いてもらうとラク)
青ネギ 1/2束 小口切り 

a:蒲焼きたれ
しょうゆ 大さじ2
酒 大さじ2
みりん 大さじ1
水 大さじ3

小麦粉 適宜
塩 こしょう 適宜
いりごま 適宜
サラダ油
炊いたごはん 好きなだけ



作り方:

1、捌いたさんまを食べやすい大きさに切り、
  塩こしょうし、出てきた水気をしっかり拭いてから軽く全体に小麦粉をまぶしておく。
  a:の蒲焼きたれの材料をまぜておく。


2、フライパンを熱しサラダ油をひき、さんまを身のほうから焼いていく(身がまるまってしまわないため)。
  しっかり焼き目がついたら返して皮面も焼く。


3、a:のたれを入れ、さんまに絡めながらタレにとろみがでるまで煮詰める。



4、丼にごはんを盛り、さんまをのせて青ネギをちらし、いりごま、山椒をふる。



posted by ヤスナリオ at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | お魚・魚介料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月06日

さんまの梅こしょう煮

DSC06234.JPG



気仙沼から届いたさんまを使ったレシピ、その3は、


さんまの梅こしょう煮




脂ののったさんまと梅干しの酸味がよく合って、さっぱり食べられるのです。




ポイントは、粒のまんまの黒こしょう



こしょうの辛みよりも、風味がよくでるんだね。



見た目にも食感にも、またひと味違ったさんまの煮付けになるよ。








ちなみにコレ、圧力鍋で煮込んだ。


骨は食べられちゃうほどホロホロなのに、身は崩れなくてキレイな出来上がり。









さんまを煮るなら圧力鍋!3000円前後で買えちゃうので是非是非。
↓今日も応援クリックありがとうございます!











さんまの梅こしょう煮

材料:作りやすい量

さんま 4匹
生姜 1かけ スライス
梅干し 3〜4個
粒黒こしょう 小さじ1
酒 1/2カップ
しょう油 大さじ2
みりん 大さじ2
水 1/2カップ




作り方:

1、さんまは内蔵と頭をとって、流水でおなかをキレイに洗って水気をとっておく。


2、圧力鍋に酒、水、しょうゆ、みりん、しょうが、梅干し、粒こしょうを入れて煮たたせてから、
  さんまを入れる。

3、フタをして、強火にし蒸気が出て来たら弱火にして10分加圧する。


4、火を止めて圧力が下がるまでさます。


5、圧力が下がったらフタを開け、弱火で煮汁を煮詰める。

posted by ヤスナリオ at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | お魚・魚介料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

さんま明太とろろ丼

DSC06223.JPG

気仙沼から届いたさんまを、「さんま明太とろろ丼」 に。




コレ、某定食屋さんチェーンで、何年か前に食べたメニュー。



焼き魚ととろろを組み合わせるってのがなかなかないよね。



すんごい美味くて、何回かリピートしてたっけ。





今もあるのかな?









というわけで、ネット検索して画像をみながら再現!





さんまを腹開きにして、明太子を挟んで塩焼きにする。



それをとろろごはんの上にのっけて、さらに大根おろしをのっけて、わかめをそえる。



そんで、刻みのり、青ネギをちらして、しょうゆをかけて食べるのです。






久々食べて、「そうそう、この味この味!」ってなった。





さんま、めんたい、とろろ。この組み合わせ考えた人、天才っす。





さんまレシピ、今年は何個できるかなー。

↓応援クリックどうぞよろしく!
posted by ヤスナリオ at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | お魚・魚介料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

今年も気仙沼からさんまが届いた!

DSC06221.JPG

今年も気仙沼のおばあちゃんから、新鮮なさんまが届いた!







今年はさすがに無理かなと思ってたので、ほんとサプライズだった。





よし! おいしく食べて恩返しだ。












DSC06220.JPG


というわけで、




さっそく今日のお昼ごはんに「さんまの塩焼き定食」にして食べたー!



うまし!



脂がのりまくってて、焼いてたら魚焼きグリルの中で火がボーッと吹くほど。






おばあちゃんありがとう、そしてごちそうさまー!!











ごちそうさま気仙沼!

去年遊びに行ったときの動画



posted by ヤスナリオ at 12:51| Comment(2) | TrackBack(0) | お魚・魚介料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月02日

エビマヨ空豆サラダ

DSC06032.JPG_effected.jpg

みんな大好き、エビマヨ






そのエビマヨに、空豆とスライス玉ねぎをたっぷり混ぜた、エビマヨ空豆サラダ でございます。







お野菜たっぷりエビマヨサラダ。

色合い的に、デパ地下のおそうざい屋さんにありそうな感じー。







いつもの我が家のエビマヨは、豆板醤&マヨネーズのソースなんだけど、


今回のは、マスタード&マヨネーズにしてみた。空豆と合うかなと思って。






















DSC06033.JPG_effected.jpg
ワイズワインギャラリーでオススメしてもらった、
「ロンコ・ブランキス・コッリオ・ピノグリージョ 2009」。





ピノ・グリージョっていう品種のぶどうを使ったイタリアワインと合わせて、パクパク食べちゃった。





久々の即日1本空けをやっちまっただ。いやぁホントうまいワインだったー。





この時期はやっぱり、”辛口でフルーティーな白ワイン”を冷やして飲むのがうまいっすなー。









ほんとはこんなワインを毎日飲みてーです。いやぁーうまいワインであった。
そんなこんなで今週もランキング3位スタート!
↓今日も応援クリック4649!








エビマヨ空豆サラダ



材料:2人分

ボイルエビ(むきエビでも可) 12尾くらい 背開きにしてワタをとって、軽く酒をふっておく。
空豆(冷凍) 20個くらい 2分くらい堅めに茹でて皮を剥いておく
スライス玉ねぎ 1/2個分 水にさらしておく。
小麦粉 適宜
塩 こしょう 適宜
サラダ油 大さじ2

a:マスタードマヨソース 
マヨネーズ 大さじ3
牛乳 大さじ1
マスタード 大さじ1
砂糖 ひとつまみ
すりおろしにんにく 少量(米粒大)



作り方:

1、ボウルにa:をすべて入れ混ぜたら、空豆、スライス玉ねぎを加えてザッと和えておく。

2、バットなどに小麦粉を入れ、
  ペーパーなどで水気を拭き軽く塩コショウしたエビと、小麦粉をまぶしておく。

3、フライパンを熱しサラダ油をひき、エビを炒める。
  
4、エビの背中が開いて全体がこんがり色付いたら、
  軽く油を切って1のボウルに入れて全体をザッと和える。


posted by ヤスナリオ at 19:11| Comment(4) | TrackBack(0) | お魚・魚介料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月25日

ホタテとかぶのカルパッチョ

DSC05903.JPG


ホタテのお刺身を、ちょっとカッコつけて盛りつけてみようってことで、



こんなカルパッチョ的なのはいかかでしょう?





コレ、カンタンです。






ホタテのお刺身を半分にスライスして、かぶのスライスの上にのっけて、

しょうゆ、

酢、

わさび、

オリーブオイル、


を混ぜたドレッシングをかけるだけー。









ホタテの刺身とかぶの直径が同じくらいのやつを選ぶのがポイントかな。








コレに、

キリっと冷やしたこんな白ワインがあったら完璧なんすけど。飲みてー。









飲みてーっすよね?
↓よろしかったら応援クリックよろしくお願いいたしまーす!













ホタテとかぶのカルパッチョ

材料:2人分

ホタテ貝柱お刺身用 4個 横半分にスライス
かぶ 1個 皮を剥き8枚に横輪切り
しそ 2枚 千切り

a:ドレッシング
しょうゆ 大さじ1
酢 大さじ1
オリーブオイル 小さじ1
わさび 適宜



作り方:

1、スライスかぶの上に、ホタテ、しそをのせ、お皿に並べる。

2、a:の材料を混ぜ合わせ、1に回しかける。
  かぶの歯ごたえがいいので、食べる直前にかけるのがおすすめ。



posted by ヤスナリオ at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | お魚・魚介料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

ししゃもの南蛮漬け

DSC05681.JPG_effected.jpg

冷凍ししゃもって、安いんだねー。



これも20匹くらい入って、確か400円前後だったと思う。




というわけで、このお手頃なししゃもを贅沢に使って、南蛮漬けに。







これ、だいぶ前に作った、「さんまの南蛮漬け」の”ししゃもバージョン”なのだ。









南蛮漬けだったら、さんまでもいわしでももちろんおいしいけど、




ししゃもだと、三枚おろしに捌いたりしなくていいのでカンタン!




小麦粉をはたいて油であげて、南蛮漬けのタレに浸すだけー。











しかも、どさーっと盛りつければ、「ごちそう感」もたっぷりでる。


食べ盛りのコドモさんがいるウチや、おもてなしにもバッチリだべな。


と言いつつ、我が家ではごく少人数でしっかり食べきりやした(笑)。







南蛮漬けって意外とカンタン!他の魚でもやってみようかなっと。
そんな感じで今日も一日中腹を減らしております笑。
応援クリック↓どうぞよろしくー!












ししゃもの南蛮漬け

材料:2〜3人分
ししゃも(冷凍) 10尾くらい 解凍しておく
玉ねぎ 1個 スライスして水にさらしておく
ミニトマト 8個 ヘタをとり半分に切る

a:南蛮漬けのタレ
おろししょうが 1片分
酢 大さじ2
オイスターソース 大さじ1.5
水、ごま油、しょうゆ 各大さじ1
砂糖 小さじ1/2

揚げ油、小麦粉 適宜
パセリ 適宜


作り方:

1、バットかお皿に a:南蛮漬けのタレを材料をすべて入れ、
  玉ねぎスライス、ミニトマトを入れて混ぜておく。

2、ししゃもの水気を拭き、小麦粉を付け、フライパンに2cmくらい油を入れ
  中火でカリッとするまで揚げる。一度に入らない場合は2度に分ける。

3、ししゃもがしっかり上がったら、油をしっかり切り、揚げたてを1のタレの中に入れる。
  10分くらい漬けておく。

4、お皿に盛りパセリや青ネギを散らす。





posted by ヤスナリオ at 18:17| Comment(2) | TrackBack(0) | お魚・魚介料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月11日

ししゃもをイタリアンちっくに食べるとめちゃくちゃうまい。

DSC05488.JPG

先日のバーベキューで余ってしまった「ししゃも」が冷凍庫に眠っててなかなか出番無かったのだけど、


以前作った「いわしの丸干し・イタリアン」でやった食べ方を思い出して応用してみた。




「ししゃも」を普通に焼いて、オリーブオイル、塩、こしょう、そしてバルサミコ酢をかけて食べるのだ。



これが、めちゃくちゃうまい!



「お、コレだとワインにもいけるかな?」と、思ったけど、



一般的に、「魚卵とワインは合わない」っていうので、子持ちししゃもだとさすがに無理だなー(苦笑)。





この食べ方、さんまでもバッチリ合うよね。青魚なんでもいけちゃうかも。

昨日はランキングちょっと上がって3位!ありがとうございましたー。
今日もまたまた↓クリックよろしくー!!





posted by ヤスナリオ at 12:15| Comment(3) | TrackBack(0) | お魚・魚介料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...