2011年02月26日

たこのトマト煮「おぼれだこ」

DSC04942.JPG

イタリアのナポリの名物料理「おぼれだこ」





それにしてもナイスなネーミングだなぁ。要するに、たこのトマト煮なんだ。









本場では生のたこを使ってじっくり煮てつくるみたいだけど、我が家ではゆでだこを使って圧力鍋でダーっと作ってみた。


(普通の鍋なら30分くらい煮込めばOK)





たこがやわらかーくてしっかり味が染みておいしいのだ!







DSC04997.JPG

たこの旨味がしっかりでたトマトソースがたっぷり出来る。そのソースで作ったスパゲティがこれまた最高!






レシピブログの男の料理ランキングに参加中♪ 
昨日はふんばって2位!応援ありがとうございます!
よろしければ↓ココをクリックしてくださいね♪










タコのトマト煮「おぼれだこ」


材料:2人分

ゆでだこ 400〜500g 大きくぶつぎり
たまねぎ 1/2個 たて細切り
セロリ 1本 茎はスジをとってたて細切り、葉はみじんぎり
オリーブ 8個くらい
赤唐辛子 1本 たねをとる
にんにく 1かけ みじんぎり
カットトマト缶 1缶
白ワイン 1/4カップ
塩 小さじ1
こしょう 適宜
オリーブオイル 適宜




作り方:


1、圧力鍋にオリーブオイルをしき、にんにく、たまねぎ、赤唐辛子を炒め、香りが出てきたら
  たこ、トマト缶、白ワイン、塩を入れる。 
  

2、圧力鍋なら7分か8分加圧したあと、ピンがさがるまで自然放置。
  普通の鍋なら30分煮込む。(水分が足りなくなったら水を足す)


3、圧力鍋の場合、フタを開け、オリーブ、セロリの茎を入れてさらに煮詰める。
  普通の鍋の場合も同様に入れる。


4、お皿に盛り、セロリの葉を適量ちらし、こしょうをふる。
posted by ヤスナリオ at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | お魚・魚介料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

いわしの丸干し・イタリアン


ゆりりさんのブログで見た、

「自家製鰯の丸干し・ワイン向け」
をさっそく実践!





いわしを干すところから自分でやるのが楽しい!















DSC04861.JPG

洗濯干しに吊るすのだ。カラスに注意。


















DSC04864.JPG

はらわたも取らずに、塩ふって干すだけで立派な丸干しに。にゃんこに注意。























20110122114902.jpg

これを魚焼きグリルで普通に焼く。オリーブオイルとコショウをたっぷりかけるだけ。



ハーブが無かったので、パセリを散らした。



おー、うまい! 




完全に「洋」の丸干しだー。



揚げたにんにくスライスを散らしてみたらこれまたうまし!


さらに調子にのって、バルサミコ酢をかけてみたらこれまたうまし!



これほんと簡単でおいしくて楽しいのでおススメです!

乾燥してるこの季節だし。



詳しくは、ゆりりさんの「自家製鰯の丸干し・ワイン向け」へGO





posted by ヤスナリオ at 21:09| Comment(6) | TrackBack(0) | お魚・魚介料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

ぶりかぶ

DSC04576.JPG

ぶり大根があるなら、ぶりかぶもあってもいいんじゃないかって思って。



ぶりは、バルサミコを使って洋風な照り焼きっぽく。

かぶは、今年我が家でブームの焼きかぶで。


縦に輪切りする、かぶの切り方がポイント。




これもワインにぴったりなおかず。もちろん白ご飯にもバッチリ!




ぶりかぶ


材料:2人分

ぶり切り身 2切れ
かぶ 大一個 たて1センチ幅で輪切り


a:かぶの下味
塩 少々
こしょう たっぷり
おろしにんにく 少々
ローズマリー ひとつまみ
酒 少々


b:照り焼きたれ
しょうゆ 大さじ1
バルサミコ(あれば) 小さじ1
みりん 大さじ1
水 大さじ2

小麦粉 適宜
オリーブオイル 適宜


1、ぶりを食べやすい大きさに切り、aを全体にまぶし10分くらいおく。


2、フライパンにうすーくオリーブオイルをひき、かぶを焼く。
  しっかり焼き目がついたら取り出し、お皿にならべ軽く塩をふっておく。


3、1の水気を拭き取り、小麦粉をまぶす。bをボウルにまぜておく。


4、フライパンにオリーブオイルをひき、3を焼く。
  始めフタをして蒸し焼き、火が通ったらフタを取りひっくり返して両面焼く。


5、4にbを入れ、全体に絡めながら煮詰める。


6、2の上にぶりをのせ、フライパンに残ったタレをかける。
  
  

バルサミコのおいしさを、この秋初めて知りました(笑)。

こうしてみんな調味料オタクになってゆくのだなぁー。

まだまだ勉強中な僕です!
↓応援クリックどうぞよろしくお願い致します。





posted by ヤスナリオ at 12:25| Comment(2) | TrackBack(0) | お魚・魚介料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

さんまの南蛮漬け

DSC04317-1.jpg

この秋のさんまレシピ、おそらく第五弾。


しょうが煮

ロール焼き

竜田揚げ

さんまごはん


と、どれもみんなうまかったけど、
この南蛮漬けは1位じゃないかっていうくらいうまかった。


数あるさんまレシピのなかでも、

南蛮漬けが最もさんまの臭みや余分な油っぽさを和らげてくれて

且つうまみを凝縮してくれるような気がしたー。




ちなみにこの南蛮漬けのレシピは、男子ごはんの本・その1の「いわしの南蛮漬け」の応用。



ほんとはレシピを載せたいとこだけど自粛。


でも、南蛮漬けのつけダレの分量だけのせとこ。


おろししょうが:1片分、
酢:大さじ2
オイスターソース:大さじ1.5
水、ごま油、しょうゆ:各大さじ1
砂糖:小さじ1/2

これに三枚おろしにして素揚げにしたさんまをつける。



やはり神レシピは偉大なり。




DSC04320.JPG

付け合わせには「れんこん団子の味噌汁」を。これも男子ごはんレシピ。




南蛮漬け、ほんと最高ー。そんなのみんなとっくに知ってるか(笑)。
やっぱりたまには大先生の神レシピを再現するのも大切だなーと思いました。

まだまだ勉強中!
これからも応援クリックどうぞよろしくお願い致します!
↓ココをクリック


posted by ヤスナリオ at 11:02| Comment(3) | TrackBack(0) | お魚・魚介料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

エビマヨ


DSC05299.JPG

うまいなー、エビマヨ!

僕のようなエビ好きのマヨラーにとってはまさに完璧なメニュー。


マヨネーズに豆板醤を加えてちょっとだけピリ辛にしてみた。

ごはんがすすみまくるエビマヨだ。




DSC04180.JPG
イタリアのワイン”ミケーレキャルロ・ガヴィ・ラヴェスパ”と合わせてみた。

酸味のある柑橘系のかおりがエビにピッタリだ!

とかうんちく言いながら、一気に一本空けたっす。



エビマヨ


材料:2人分


むきエビ 8〜10尾(背開きにして背わたをとって、洗って水気をとっておく)

長ネギ 1/4(粗みじん切り)

レタス 適宜(せんぎり)


マヨネーズソース:
マヨネーズ 大さじ2〜3
牛乳 小さじ1
豆板醤 小さじ1/3
ごま油 小さじ1
おろししょうが 少々
おろしにんにく 少々
塩・こしょう 適宜



1、ボウルにマヨネーズソースの材料を全部いれて混ぜておく。

2、エビに小麦粉をつける。

3、フライパンにサラダ油を1〜2cm入れ、2を中火で揚げ焼きにする。
  ときどき返しながらエビがこんがりしたら、
  長ネギを入れてサッと火をとおして取り出す。油を切っておく。

4、3を1のボウルに入れてあえる。お皿にレタスを敷いて盛る。





僕のまわりに、「エビチリやエビマヨは、ごはんのオカズにならん」っていうひとが結構居ます。

決して嫌いなわけじゃなくて、味的に白ご飯と合わないんだって。


なんでだー! 信じられねぇす(笑)。


そんなエビマヨラーに是非応援クリックよろしくお願いいたします!!
ココ↓

posted by ヤスナリオ at 12:22| Comment(4) | TrackBack(0) | お魚・魚介料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

鮭のホイル焼きレモンバター風味

DSC04129.JPG

定番中の定番だけど、やっぱりおいしい鮭のホイル焼き。


生鮭はもちろんおいしく出来るけど、お手頃価格な甘塩鮭でもおいしい。

むしろこっちのほうが塩味が全体に行き届いてて、よりおいしいくらい。



うちの父さん自家製の甘くておいしいネギを存分に味わいたかったので、
あえて他に具材は入れなかった。




この日の場合の作り方。



鮭の水気をふいておく。


ホイルを敷いて、真ん中にネギ斜め薄切りを敷く。


そのうえに鮭を置き、その上に残りのネギを載せる。


その上にレモンを載せる。


そこへ酒大さじ1〜2を回しかける。


ホイルをしっかり包み、フライパンに並べる。


ホイル包みの1/3くらいまでお湯か水を入れ、フタをして中火で10分くらい蒸し焼きにする。


出来上がったら、
バターをのせ、こしょうをたっぷりふる。


ワインのおつまみならばこのままも、
ごはんのオカズならしょう油をちょろっとかけたらいい。


もし生鮭で作るならば、予め塩をふっておいたほうがいいんだな。



参考レシピ:califolivingさんのレシピブログ「鮭のバター醤油焼き」




ホイルを開ける瞬間がとても好きだー。

その分、生焼けだったときのガッカリも度もデカし(笑)。
でもこのフライパン蒸し焼き方式なら失敗ないです。


今日も観て下さってありがとうございます!
↓よろしかったら応援クリックよろしくおねがいします。






posted by ヤスナリオ at 12:41| Comment(6) | TrackBack(0) | お魚・魚介料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

蒸しホタテのレモンバター焼き

DSC04020.JPG

SALT & PEPPER -AYA'S KITCHENさんの、
蒸しホタテレモンバター焼きを作ってみた。

想像以上にうまし!


ベビーホタテは好きでよく食べてたけど、このAYAさんレシピ的食べ方は初めて!

ホタテの風味とレモンとバターの風味が最高!
ワインはもちろん、しょうゆも入ってるので白ご飯にもバッチリ合った。


いやぁ、おいしかった。そして勉強になったー。


AYAさん、おいしいレシピいつもごちそうさまです。


posted by ヤスナリオ at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | お魚・魚介料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月02日

さんまの生姜煮

DSC03746.JPG

気仙沼からさんまが20匹も届いた!

とれたての超新鮮だ。おばあちゃんありがとー!




まずは塩焼きにして食べた。




続いて定番、さんまの生姜煮。


DSC03754.JPG

圧力鍋を使って作った。
金色に輝くさんま。きれいな仕上がりでうれし!


圧力鍋で煮ると、なんで骨はホロホロになるのに身は崩れないのかなぁ。

骨まで食べられてからだにもいい。




さんまの生姜煮

材料:

さんま 6匹

生姜 2かけ みじんぎり

酒 1カップ

しょう油 1/2カップ

みりん 1/2カップ

ねぎ しらがねぎ


作り方:

1、さんまはわたと頭をとって、おなかをキレイに洗って水気をとっておく。

2、圧力鍋に酒、しょうゆ、みりん、しょうがを入れて煮たたせてから、さんまを入れる。

3、フタをして、強火にし蒸気が出て来たら弱火にして15分加圧する。

4、火を止めて圧力が下がるまでさます。

5、圧力が下がったらフタを開け、煮汁を煮詰める。

6、お皿にもって白髪ネギをそえる。




さらに、もう一品。


AYAさんのさんまガーリックステーキをどうしても食べてみたかったので、
包丁を研ぎまくってさんまの三枚おろしを頑張ってみた。


秋刀魚のガーリックステーキの作り方はココ


DSC03757.JPG

さんまとガーリックの組み合わせが素晴らしい!白ワインにぴったりだ。
レモンも効いててさっぱりでおいしい!


有り合わせの材料で作ったので、ちょっぴりアレンジが加わってます。すみません(苦笑)。



AYAさん、そして気仙沼のおばあちゃん、ごちそうさんまでした。



最近やっとさんまの値段が下がってきたような気がします。
でもランキングは上げたい!

↓もしよろしかったら応援クリックよろしくおねがい致します!




posted by ヤスナリオ at 22:20| Comment(6) | TrackBack(0) | お魚・魚介料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

ホタテのカルパッチョ

DSC02458.JPG


白ワインのおつまみ用にホタテのカルパッチョを作った。

このドレッシングは、

ハチミツ
マスタード
しょうゆ
オリーブオイル

を混ぜて塩こしょうで味を整えたやつ。

ちょっと甘めでおいしい。


お刺身用のホタテを軽ーく焼くとこがポイント。あぶりホタテって感じで。




ホタテのカルパッチョ

材料:2人分

ホタテ貝柱 お刺身用 6個
ミニトマト 3〜4個 輪切り
大根 輪切り2センチ分くらい 千切り
青じそ 1枚 みじん切り

a:ドレッシング
オリーブオイル 大さじ2
ハチミツ 小さじ1
しょうゆ 大さじ1
マスタード 小さじ1

塩・こしょう 適宜


作り方:

1、フライパンにうすくオリーブオイルをしき中火にし、
  ホタテをかるーくあぶり焼き目をつける。
  2〜3等分にうすく輪切りにする。

2、お皿にだいこん、ホタテ、ミニトマトの順に盛り、
  ボウルでaの材料をすべて混ぜかける。大葉を散らす。


posted by ヤスナリオ at 17:53| Comment(0) | お魚・魚介料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

鮭のホイル焼き

DSC02176.jpg

今晩は鮭のホイル焼き

三度目の挑戦でやっとこうまくいったのだ。
えのきのかおりと鮭の風味が最高だ。

ちなみに過去二回ほど作ってみたけど、
いずれも火がまだ完全に通ってなくて焼き直し。

せっかく閉じ込めた香りや風味が台無しなっちゃうんおだよなあ。

この「食べようとしたけど生焼けで焼き直し」の作業って
異常にテンション下がるんだよな。ハンバーグとか焼き魚とかは特に。

今回はフライパンに水を張り10分蒸した。

大成功だった。ごちそさま。


posted by ヤスナリオ at 01:01| Comment(2) | お魚・魚介料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...