2012年09月25日

平に焼くから「ヒラヤーチー」


ちょっと前に男子ごはんでやっていた、

P9202183.JPG

沖縄風お好み焼き「ヒラヤーチー」を作ってみた。

ちなみにヒラヤーチーは、「平に焼いた」っ意味だって。


今回はイカがまるごと一杯入った、イカのヒラヤーチー。

焼けたイカの香りが最高だー。

当然、しょうゆとかソースを付けて食べるのです。マヨもかけたくなるけど我慢。


お好み焼きともチヂミと違うね。

ちょうど中間だねー。




↑「うまそうかも!」と思ったらぽちっとよろしく!





ヒラヤーチー

イカ 1ぱい
桜えび…大さじ3

青ネギ 1/2束 小口切り
ニラ 1/2束 みじん切り
青のり 大さじ1
白いりごま 大さじ1
ごま油 適宜
しゅうゆ、からし、ソースなど

a:生地
薄力粉 1カップ
卵 2個
  
水 1/2カップ
しょうゆ 小さじ1
 
塩 少々

1、イカを胴体を引き抜き、胴と足に分ける。
  胴は洗いながら軟甲や残りの内臓を取って水気を拭き1cm角に切る。
  足はワタ、くちばし、目を切り落として洗い、
  水気を拭き吸盤をこそげ落として1cm長さに切る。


2、ボウルにa:を入れてよく混ぜ合わせる。


3、2に1、青ネギ、ニラ、桜えび、青のり、いりごまを加えて混ぜ合わせる。


4、フライパンにごま油をひいて熱し、3を流し入れて広げる。
  フタをして中火で焼く。焼き目がついたら裏返す。
 (裏返しにくければいったん皿に出してからひっくり返してフライパンに戻す)
  フライパンの縁からごま油(小さじ1)を回し入れ、フタを取ったままじっくり焼く。

5、切り分けて、からしじょうゆやソースをつけて食べる。

2012年04月13日

アスパラとしらすの大根もち

ここんとこ、「大根もち推し」です。



と言いつつ、本物の、本場の大根もちを未だ食べたことがありません(笑)。

いつだったかの旅館で食べた、

「大根もちのお吸い物」がすごーく美味かったのがハマったきっかけかもな。



ちなみに本場(中華料理?)の作り方も知りません。

クックパッドで見たりしての「完全自己流大根もち」なんす。

なので、ほんとの作り方とぜんぜん違うかもですので(笑)。




と弱音を吐いたとこで、今回の大根もちは、


P4090797.JPG

「アスパラとしらすを混ぜて焼いちゃいました」の大根もち。

焼いたアスパラの食感とモチモチ感がちょうどいい感じ!

写真のように小判で焼くのも良し、大判でどーんと焼くのも良し。



レシピブログ男子料理ランキング
↓応援クリックお願いいたします!







アスパラとしらすの大根もち

a:大根もち生地
大根 8〜10cmくらい すりおろし、水気を8割くらい搾る
アスパラ 2本 根っこを落とし、下1/3をピーラで皮をむき、1cm幅に切る
しらす干し 大さじ1
かつお節 大さじ2
片栗粉 大さじ2〜3(固さをみて調節)

ごま油 大さじ1
しょうゆ、こしょう、からし 適宜


作り方:

1、ボウルにa:生地の材料を全て混ぜ、4等分する。

2、フライパンを熱しごま油をひき、1を入れ形を整えながら焼く。
  しっかり焼き目が付いたら、ひっくり返して表面がカリッとするまでよく焼く。

3、お皿に盛り、醤油などをつけて食べる。


2012年04月11日

豚バラ大根もち


関西あたりでは、「お好み焼」「たこ焼」「うどん」が、

コナモン(粉で作る系料理)御三家らしいですね。(と、ココに書いてた)





実はこの御三家に加えて、「コナモン四天王」にしてもらたいもんがあります。




それは、わたくしの大好物、




P3230660.JPG

豚バラ大根もちです。



ほんとおいしいんだよー、意外と知られてないけど。

お好み焼きともチヂミとも違う、もちもちでシャッキリ感もある生地がイイんです。

作り方もぜんぜんカンタンなんです!





P3230652.JPG

生地は水気を搾った大根おろし、大根の葉、片栗粉、かつお節、桜えび。


P3230654.JPG

これをよく混ぜる。
ギュッと握ってひと固まりになるくらいの固さに片栗粉を混ぜる。


P3230655.JPG

そんでフライパンにごま油を引いて、生地を円くうすく伸ばして、その上に豚バラ肉を並べて焼く。
豚バラ面もひっくり返してカリッと焼く。



P3230663.JPG

焼き上がったら、青ネギをのせ、からし&しょうゆで食べる。

ごはんのおかずにもピッタリなコナモンだー。


好きな食材を混ぜればいろんなバリエーションも楽しめる。

大根が余ってたら是非お試しおすすめる!。




レシピブログ男子料理ランキング、昨日も3位キープ!いつも応援ありがとうございます!!

↓ココをクリックで1票です!ヤスナリオに1票よろしくお願いします!






豚バラ大根もち

材料:豚バラ大根もち1枚分

a:大根もち生地
大根 8〜10cmくらい すりおろし、水気を8割くらい搾る
大根の葉 少々 みじんぎり
さくらえび 大さじ1
かつお節 大さじ1
片栗粉 大さじ2〜3(固さをみて調節)

豚バラ肉スライス 4枚 半分に切る
青ネギ 2本 小口切り
しょうゆ、こしょう、からし 適宜
ごま油 大さじ1


作り方:

1、ボウルにa:生地の材料を全て混ぜる。

2、フライパンを熱しごま油をひき、a:を流し入れ円く薄くのばし、
  その上に豚バラ肉をのせて焼く。しっかり焼き目が付いたら、
  ひっくり返して、豚バラの面もカリッとするまでよく焼く。

3、焼き上がったらまな板の上に載せて食べやすい大きさに切り、
  元のかたちに円くお皿に載せ、青ネギをちらし、こしょうをふる。
  からしとしょうゆをつけて食べる。

2011年05月20日

シャウエッセン入りたこ焼き

DSC05553.JPG

「何か足りない時は、とりあえずシャウエッセン入れとけ」



が、我が家の家訓なのはよく知られてますが、



今日のお昼どうしてもたこ焼きが食べたくなったけど「タコ」が無かったので、




代わりに「シャウエッセン」を入れて焼いた。









DSC05554.JPG

プリッとする食感がタコチックですんごいうまかったー。むしろタコよりうまいんじゃないかって。
















DSC05550.JPG

というわけで、たこ焼きにハマり中。

うまく焼き上がってきたたこ焼きを、ひたすらクルクル回すのが楽しいね。






余談ですが、

子どもの頃「たこ焼き=お金持ちの家の子のおやつで出てくるもの」 だったので、

こうやって自分で焼いて好きなだけ食べられるってのが夢のような事なのだ(笑)。



関西圏の方々には信じられないかもしんないけど、

僕の出身地の北海道・札幌あたりだとそんな感じだったよん。たぶん。







シャウエッセン入りたこ焼き

材料:たこ焼き16個分

a:たこ焼き生地
小麦粉 1カップ強
水 1カップ半
卵 1個 
ほんだし 小さじ1
紅ショウガみじん切り 小さじ1
青のり 小さじ1

具:
シャウエッセン 4本 16個にぶつ切り
キャベツ 葉2枚 みじん切り
長ネギ 1/3本 みじん切り
桜えび 大さじ1
揚げ玉 大さじ1


作り方:

1、a:の生地を作る。
  ボウルに卵、小麦粉を入れよく混ぜ、すこしづつ水を入れダマにならないように泡立器でよく混ぜる。
  ほんだし、紅ショウガ、青のりも入れる。

2、たこ焼き器に油を多めに塗りよく熱し、シャウエッセンを入れ焼き目をつけたら、
  a:の生地を半分流し込み、残りの具を入れ上から生地を流し込む。


3、生地が固まってきたら、穴に集めるように生地をよせ、竹串などで回転させる。
  一気に180°回さないで、90°くらいで一度止めて焼くといいみたい。
  こんがり焼き目が付くまで焼く。



ホットプレートのたこ焼き器だとあんまり気にしなくていいのかもだけど、

我が家のような、ガスコンロで火にかける鉄鋳物製のたこ焼きだと、最初弱火で焼いて、仕上げに強火にするといいみたいだ。

あと、使い始めはどうしてもくっつくみたいなんで、油が馴染む2〜3回目までは我慢せねばならないようです。








2011年03月24日

もやしのお好み焼き

DSC05133.JPG_effected.jpg

もやしをまるごと1袋使った、ごっついお好み焼き。


キャベツの千切りを入れるのとまた一味違う、しっとりとした食感でおいしい。



生地は、卵2コと小麦粉とかつおぶし1パックのみでカンタンに作っちゃう。


あれば、桜エビも混ぜちゃって。



で、豚ばら肉をたくさん載せちゃって。









DSC05136.JPG_effected.jpg

もちろん、「もやしお好み焼き定食」にして食べる!

我が家は関西出身ではありませんが、白御飯とお好み焼き、ぜんぜんアリです。





いつも応援クリックありがとうございます!
本日も↓どうぞよろしくお願いいたします!












もやしのお好み焼き


材料:大きい1枚分(2人分)

もやし 1袋
豚バラ肉 5枚 10cm幅に切る
かつおぶし 1パック
桜エビ 大さじ1
たまご 2個
小麦粉 1/2カップ
塩 少々 
こしょう 少々

中濃ソース 適宜
マヨネーズ 適宜
青のり 適宜

サラダ油 少々


作り方:

1、ボウルに卵を割り入れ、小麦粉、かつおぶし、
  桜エビ、塩、こしょうを入れよく混ぜたら、もやしを入れ全体をざっくり混ぜておく。


2、フライパンを熱しサラダ油をしき、1を入れ丸く形を整えたら、
  豚バラ肉を上に載せ、フタをして5分くらい焼く。


3、フタをとり、裏返してかりかりに焼き、もう一度返して、
  ソース、マヨネーズ、青のりをかける。



2011年02月03日

じゃがいものチヂミ

DSC04886.JPG

じゃがいもがそのまま生地になっちゃう、かんたんチヂミ




茹でたじゃがいもと片栗粉などを混ぜて、フライパンでギューっと焼くだけ。





味の決め手は「桜エビ」。桜えびは何かと重宝するので常備しておきたいもんだ。







いざってときに桜えびが無いと相当困るので、最近は徳用サイズを使ってる。

写真(2011-02-03 20.33).jpg_effected.png

「プロ仕様」の文字がインチキ臭くてお気に入り(笑)。





じゃがいもチヂミは、塩を付けて食べるとうましです。

マヨネーズとしょうゆを混ぜたものを付けて食べるのもおすすめー。

レシピブログのランキングでがんばり中♪
よろしければ↓ココをクリックしてください!









じゃがいものチヂミ


材料:2人分

じゃがいも 2個 皮付きのまま6つくらいに切る
片栗粉 大さじ3〜4
水 大さじ2〜3
青ネギ 1/3束 小口切り
桜エビ 大さじ2
かつおぶし 1/2パック

ごま油 大さじ1




作り方:

1、鍋に湯を沸かし、じゃがいもを10分くらい茹でやわらかくなったら、
  フタなどで湯を切る。かるく混ぜて粉ふきいもにする。



2、1に片栗粉、水を入れる。
  全体がひとまとまりになるくらいに調節しながら入れ、
  青ネギ、桜えび、かつおぶしも入れて混ぜる。


3、フライパンを熱しごま油をしき、2を入れ中火でじっくり焼く。
  固まったらひっくり返して裏面も焼く。
  ときどきフライがえしでギューっと押しつけながら両面しっかり焼く。

  塩、しょうゆ、マヨネーズなどをつけて食べるとうまし。



  



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...  

2010年12月26日

かぶもち

DSC04649.JPG

”大根もち”があるなら、

”かぶもち”もあっていいじゃないかってことで作ってみた。



大根もちよりもやさしいかぶの甘みがたっぷりのもちになる!


これもおいしい!


かぶは全部すりおろさないで、角切りにして混ぜるのがポイント。食感も楽しめていいね。





かぶのレシピ、だんだん増えてきました!

かぶ好きな方いらっしゃいますか?いますよねー。

是非とも↓応援クリックお願いいたします!








かぶもち


材料:かぶもち4個分

かぶ 大2個 すりおろす 1/4個分は角切り
かぶの葉 2枚 みじんぎり
かつおぶし 1ぱっく
片栗粉 大さじ2〜3

白ごま 適宜


作り方:

1、かぶの皮を剥き、すりおろす。
  1/4個分だけのこし、角切りにしておく。


2、水気を軽くしぼったおろしかぶと角切りかぶをボウルに移す。
  そこへ片栗粉を混ぜて生地をつくる。

  軽く握ってひとまとまりになるくらいの固さでOK。

  
3、2にかつおぶし、かぶの葉を入れる。
  ここで生地が緩すぎる感じなら片栗粉をたす。


4、生地を4等分して、まるいおせんべい型にする。
  この時水気を搾りながら形を整える感じ。


5、フライパンにごま油をひき、4を焼く。
  ひっくり返しながら両面しっかり焼き目を付ける。

  中火で5分くらいでもちもちに焼き上がるはず。



6、お皿にのせ、ごまをちらし、醤油をかける。

2010年11月08日

ワインにぴったりなおつまみレシピコンテストにて

サントネージュpg.jpg

サントネージュ「酸化防止剤無添加有機ワイン」おつまみレシピコンテストにて、

”サントネージュ賞”をいただきましたー!




受賞レシピは、桜えび入り大根もち



いかにもワインのおつまみって感じじゃないもので入賞を出来たのが、とても嬉しいです。

気取らない普段のごはんでワインを飲むのが大好きだから。



サントネージュ様、こんな素朴なレシピを評価してくださってありがとうございます!


いつもココ観てくださっているみなさまにも本当に感謝です!
毎日毎日の応援があってこそ頑張れるんです。

これからもどうぞよろしくお願い致します!

2010年09月28日

桜えび入り大根もち

久々に大根もち研究会。


今年旅館と中華屋さんで初めて食べて以来、
もちもちな食感と大根の風味のうまさに、すっかりハマってしまった。


それ以来、自分ちでもどうにかおいしく出来ないかと研究してる。






DSC03695.JPG

今回は、桜えびと大根の葉っぱの茎を刻んだものを生地に混ぜてみた。









DSC03700.JPG

いい感じに焼き目がついて完成。


桜えびの香ばしい香りと、大根の葉っぱの茎のシャキシャキ感が新鮮でうまし!
最高傑作かも。うん最高だ。






DSC03703.JPG
しょうが醤油で食べるとものすごくうまい。

ちょうどあった、リケンの青しそドレッシングをかけたら、これもものすごくうまかった。
大根と青しそだもの、ぴったり合うに決まってる!



この秋、大根もちブーム到来の予感。






DSC03707.JPG_effected.jpg
これがまた白ワインにあうのだ。和食に白ワイン。

サントネージュ『酸化防止剤無添加有機ワイン』レシピコンテスト参加中







作り方:大根もち4個分



材料: 

大根 7〜8センチくらい
大根の葉っぱの茎 2束

片栗粉大さじ3

桜えび大さじ1
かつおぶし大さじ1

青ネギ少々



1、大根の皮を剥き、すりおろす。


2、大根おろしの水気を軽くしぼり、ボウルに移す。
  そこへ片栗粉を混ぜて生地をつくる。

  軽く握ってひとまとまりになるくらいの固さでOK。

  
3、2にかつおぶし、桜えび、大根の葉の茎を入れる。
  ここで生地が緩すぎる感じなら片栗粉をたす。


4、生地を4等分して、まるいおせんべい型にする。
  この時水気を搾りながら形を整える感じ。


5、フライパンにごま油をひき、4を焼く。
  ひっくり返しながら両面しっかり焼き目を付ける。

  中火で5分くらいでもちもちに焼き上がるはず。



6、お皿にのせ、青ネギをちらし、醤油をかける。






レシピブログの男の料理ランキングに参加中♪
昨日もなんとか4位にとどまりました!晴れ


「順位がすべてではない」などといいますが、やっぱりとてもはげみになります。

毎日応援クリックほんとうにありがとうございます!!

今日は大根もちで挑戦です。
↓応援クリックはココをぽちっともちっと。


どうぞよろしくおねがいいたしますぴかぴか(新しい)




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...